お知らせ

  1. ホーム
  2. お知らせ
福祉用具/介護用品の試験申込・お問い合わせ

【開催終了】第44回車いす安全整備士養成講座 開催のご案内(2018.06.20)

2018年8月18日(土)、8月19日(日)に、株式会社ニチイ学館 神戸ポートアイランドセンターにおいて、第44回目の車いす安全整備士養成講座を開催します。

 

詳細については、下記「【第44回】車いす安全整備士養成講座 開催のご案内」にてご確認ください。

 

申込用紙も同資料内(5P目)にございますので、必要事項をご記入いただき、FAXにてお申込みください。

 

再受講の方も同様のものにて、お申込ください。

 

(ご予約をいただいている方につきましても、別途申込用紙送付を必ずお願いいたします)

 

申込をいただくにあたり、下記ページより閲覧いただける「車いす安全整備士養成講座 受講までの流れ」を一度ご確認ください。

 

http://www.jaspec.jp/seminar.php

 

レンタル車椅子については、数に限りがございますので、お申込みを希望される方はお早めにお申込みください。

 

また、神戸開催時限定で、車いす安全整備士養成講座の開催日前日に、JASPECにて事前に実技講習を体験していただける「プラス講習」を開催いたします。

 

詳しくは、下記PDF「プラス講習のご案内」にてご確認願います(プラス講習は少人数制となっております。申込人数に達した時点で募集を締め切らせていただきますので、お早目にお申込ください)。

 

初めての方や、自信のない方に大変おススメな講習となっておりますので、是非ともご受講をお待ちしております。

 

皆さまのお申し込みを心よりお待ち申し上げております。


試験依頼に関する約款制定のお知らせ(2018.06.29)


平素よりJASPECをご愛顧賜りまして誠にありがとうございます。

 

この度、JASPECへの試験(製品評価)のご依頼につきまして、「試験業務受託約款」を制定いたしますのでお知らせいたします。

 

<約款 適用開始日>

201871日以降に受託成立する試験業務

 

従来、お客様から試験のご依頼をいただいた際には、試験確認書により、試験方法や納期についてお客様とJASPECの双方が合意した上で、試験を実施しておりました。

 

しかしながら、試験のご依頼には様々な形態があり、試験確認書に記載している情報以外の事項について、お問い合わせをいただくケースが多くなってまいりました。

 

そのため、お客様から受託する試験業務に関する基本的な合意事項について、「試験業務受託約款」を定めた次第です。

 

試験確認書で特に定めた事項を除いて、お客様からの試験のご依頼は、約款の内容が適用となりますので、JASPECでの試験をご検討される際には、JASPECホームページから「試験業務受託約款」を事前にご確認いただき、試験依頼書にてご依頼いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。(試験依頼の流れは右図参照)

 

  試験業務受託約款はこちら

 

今後も、お客様にとって利用しやすい試験所を目指してまいりますので、福祉用具などの製品評価をご検討の際は、是非ともJASPECをご用命ください。

 


【開催終了】第43回車いす安全整備士養成講座 開催のご案内(2018.07.03)

申込締切日は過ぎていますが、まだ残り枠がございますので、引き続き受付けをさせていただきます。なお、残り枠は5名となっております(2018年7月3日現在)。九州開催は今回を逃すと暫く開催の予定はございませんので、この機会に是非ともご受講をお願いいたします。

 

------------------------------------------------------------------------------------------

 

2018年7月21日(土)、7月22日(日)に、久留米リサーチパークにおいて、第43回車いす安全整備士養成講座を開催します。

詳細については、下記「【第43回】車いす安全整備士養成講座 開催のご案内」にてご確認ください。

申込用紙も同資料内(5P目)にございますので、必要事項をご記入いただき、FAXにてお申込みください。

再受講の方も同様の方法でお申込ください。

(ご予約をいただいている方につきましても、別途申込用紙送付を必ずお願いいたします)

 

申込をいただくにあたり、下記ページより閲覧いただける「車いす安全整備士養成講座 受講までの流れ」を一度ご確認ください。

http://www.jaspec.jp/seminar.php

 

レンタル車椅子については、数に限りがございますので、お申込みを希望される方はお早めにお申込みください。

 

皆さまのお申し込みを心よりお待ち申し上げております。


2018年度第1回年間定例セミナー実施アンケート集計報告(2018.07.02)

 

6月22日(金)~23日(土)の2日間(二日間同内容で、どちらか一日だけ参加していただく回になっております)で開催いたしました、今年度最初の年間定例セミナーのアンケート集計結果を報告いたします。

毎回ながら、「腹圧による廃用性症候群と言うべき、心肺機能の低下と、体力の低下」、「上半身を起こす必要性」と「ベッド本体のハイローの本当の必要性」についてお話させていただくと、「腹圧がダメなのは知っているがなぜダメなのか説明できない」ことや、「意味の無い『低床至上主義』を刷り込まれている」ことに気づくきっかけとして、弊センターのセミナーの有効性を再認識しております。


車いす安全整備士養成講座 修了証、認定証及び認定カードの文言について(2018.06.13)

平素は弊センター事業に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

標題につきまして、車いす安全整備士養成講座を受講したことを示す修了証、資格を取得したことを証する認定証及び認定カードの文言を、2017年10月発行分より、一部改訂をしております。

つきましては、以下のPDFファイルに詳細を掲載しておりますので、ご確認のほど、よろしくお願いいたします(それぞれが証明する内容は変わりません)。


【8月30日更新】2018年度車いす安全整備士養成講座 開催計画のご案内(2018.06.08)

2018年度の車いす安全整備士養成講座の開催計画を掲載いたします。

本書1枚目は各回の日程を記載しており、2枚目にて各回における事前登録(予約等)を募集しています。つきましては、下記PDFをご確認の上、ご予約をいただける場合、お早目に事前登録のほど、よろしくお願いいたします。

 

※第43回、第46回の日程を追加しております(開催日の変動により、第45回は神戸開催となっております)。

※関東開催について、2回実施予定とお伝えしておりましたが、会場確保の都合により、例年通り1回の開催(第46回のみ)となります。なお、第43回は九州で開催いたします。

※予約は各回20名で締め切らせていただきます。大変人気の講座となっておりますので、お早目の事前予約をお勧めいたします。

 

【6月8日15時追加】

第44回(神戸開催)の予約を締め切りました。

案内送付は引き続き受付いたしますので、よろしくお願いいたします。

 

【5月24日16時30分追加】

第46回(埼玉開催)の予約を締め切りました。

案内送付は引き続き受付いたしますので、よろしくお願いいたします。

 

【8月30日16時00分追加】

第45回(神戸開催)の予約を締め切りました。

案内送付は引き続き受付いたしますので、よろしくお願いいたします。


【開催終了】2018年度 第1回 年間定例ほっとデスクセミナー開催のお知らせ(2018.05.24)

20XX年度年間定例ほっとデスクセミナーの第1回目、6月開催のご案内です。

 

開催日は、6月22日(金)~23日(土)となっております。今回は両日同内容ですので、どちらかをご選択ください。

テーマは昨年度と同様、特殊寝台・床ずれ系です。

今年も多数のマットレスをメーカー様からお借りしておりますので、直接寝比べられるチャンスを是非GETしてください。

お申込みは、下記に添付しております案内兼申込用紙の2枚目に必要事項をご記入いただき、FAXにて弊センターまでお送りください。

 

お申込みいただいた後、請求書と合わせて、時間割詳細を含む詳細注意事項をお送りいたしますので、ご確認の上、ご受講ください。


東京民医連福祉用具貸与事業者連絡会セミナー アンケート集計結果報告(2018.05.17)

4月12日に東京民医連福祉用具貸与事業者連絡会から依頼され開催したセミナーのアンケート集計結果を報告します。


製造者向け無料セミナー アンケート集計結果報告(2018.05.17)

5月15・16日の2日間で開催しました、製造者向け無料セミナーのアンケート集計結果を報告いたします。

適寿リハビリテーション病院の理事・理学療法士の栄 健一郎先生を講師としてお招きし、現場の生の声を聞くことができた良い機会だったのではないかと思います。


製造者向け無料セミナー 開催のご案内(2018.04.24)

弊センターでは、行政機関や公的機関等のご依頼により、福祉用具ならびにロボット技術応用を含めた介護機器の設計・製造段階における留意事項をお話しする機会を多くいただいております。主なテーマは、「用具利用者のニーズを見つけ、消費者の関心を呼ぶシーズを備えるにはどうしたら良いか」というもので、福祉用具専門の工学・臨床評価機関として積み重ねた知見を基にお話しさせていただいております。

このような経験から、今般、製造者の皆様を対象とした無料セミナー開催を独自に企画いたしました。

 

今回は「福祉用具・介護機器製造における留意点」をテーマに、適寿リハビリテーション病院の理事・理学療法士の栄 健一郎先生を講師にお招きし、実際の現場で「よく使われる機器」と、「使い勝手の悪い機器」の違いなど具体的なお話をしていただく予定です。また、JASPECからは、流通の現場からの観点からのお話もさせていただきます。高齢者の特有姿勢での自立が可能な試験用ダミーの見学も予定しております。

 

セミナーは無料ですが、席に限りがございますので、お早目の申込みをいただければ幸いです。

 

本セミナーが製造事業者様の商品開発や販売促進に、少しでもお役立ちできることを願っております。

 

 

 

「ひょうごKOBE介護・医療ロボット開発支援窓口」のOFFER INFORMATIONにも掲載いただいています。

 http://www.kobe-reha-robo.jp/