じゃすぺっくんが行く

  1. ホーム
  2. じゃすぺっくんが行く
福祉用具/介護用品の試験申込・お問い合わせ
お気軽にお問い合わせください TEL:078-306-0556TEL FAX:078-303-0506
WEBからの試験申込・お問い合わせ

タイプⅡ登場

アップグレード仕様(2017.03.24)

165㎝仕様

体重60kgを基本に、75kgと100kgに変更可能な、165㎝の「自立型人体ダミーJASPECモデルTypeⅡ」が誕生しました。

関節可動と自立可能仕様は前回と同じですが、今回は追加動作で、「肩をすくめる・胸を張る」が出来るようになりました。

さらに、追加資料で日本人円背高齢者100人サンプルの平均値をとった、姿勢変更仕様書付きです。

前回の140㎝モデルを改良したので、肘や膝の逆関節屈曲は起こりませんし、関節角度変更もかなり時間短縮できるようになりました。

さまざまな姿勢のバリエーションと再現性をもった、世界で唯一の人体型ダミーです。(調べた際に販売物として存在しなかったことと、製造する可能性のある事業者には、のきなみ断られたので、おそらく世界唯一かと思ってます。)

これも、TYPEⅠに引き続き、経済産業省のロボット介護機器開発支援事業の成果物です。

これで、円背姿勢の男性日本人の平均姿勢の高齢者が、実際に福祉用具を使用する時のバランスの崩れや、機器への負荷について、人体実験をせずに計測試験が可能になります。

実はこれって、スゴイことなんですよ。

なぜかと言うと、実際に使用する場合の事故に至るシミュレーションができるって事なんです。

一般的に、人体実験は人道上できないし、福祉用具製造者が自分たちで使用時を想定しても、所詮は健常者なので、つい転倒する高齢者ができない「脚の筋肉をつかったふんばり」をしてしまうところ、ふんばれない「じゃすぺっくん」は、ちゃんと倒れてくれます。

つまり、このじゃすぺっくんを使って、福祉用具・介護機器の設計開発を行えば、より安全な用具の完成に至る事が出来ます。

さらに、高齢者特有姿勢で、既存福祉用具のそれぞれの規格に基づく試験をすることで、実際の使用者が、その福祉用具を使って怪我をすることがないのかを検証することが出来るんです。

安全性に対する貢献度は計り知れません。\(◎o◎)/

2017年度から、販売開始予定でもあります。ご期待ください。


じゃすぺっくんの骨格

脱いだらすごいんです(笑)(2016.06.03)

二足自立
円背骨盤後傾歩行器使用ver.

思い切って、緑のコスチュームを脱いでみました。

意外としっかりしてるでしょ(笑)

 

人の姿勢は、基本的に全てOKです。

円背で骨盤後傾で歩行器を使用している方の姿勢も『自立』で可能です。

 

実は、あらゆる製造事業者に、制作の話を持ちかけましたが、安いところで2000万、一番高かったところで5000万という見積もりが出てきたうえで、共通して「制作はするが、自立するかどうかはわからない」という返答でした。

できると言って引き受けた上で、後から「不可能なので、手をひきます。」と言ってきた、某超有名アクションフィギュア会社には、困り果てましたが、別の製造事業者と綿密に打ち合わせを行うこと半年以上、結果として誕生したので、良かったです。

出来ない理由は、どこも同じでしたが

①人体と同じ重量で、可動する関節の固定ができない(姿勢のキープができない)

②人体寸法と同じでは、足が小さすぎてバランスが保てず、倒れる(自立の継続不可)

これが、共通する内容でした。

 

ワタシは、人体パーツと同じ重量比重であり、立位座位共に人と同じ重心点であり、四肢の稼働も当然ながら、胴体の胸骨あたりと骨盤上部あたりに相当する部位が稼働する事で、高齢者特有姿勢を踏まえた円背骨盤後傾姿勢を実現もできます。

これができることで、福祉用具を実際に使用している方が、体重を預けても本当に安全かどうかのリアルな検証ができるという、今までの福祉用具の工学的試験の観点には含められなかった「安全性の担保」を、人体実験を行う事なくできるということで、実はこれって画期的なことなんですよ。

 

実は、経済産業省が旗を振っている「ロボット介護機器開発支援事業」の一環として、JASPECが受託した内容の一環として、誕生したんです。


じゃすぺっくん登場!

JASPECをご存知ですか?(2015.03.31)

日本唯一の福祉用具を主対象とした試験所である、「JASPEC(ジャスペック)」をご存知ですか?

 

場所は神戸の三宮から、ポートライナーで約15分(∂。∂)

神戸空港からだと、一つ目の駅の「京コンピューター前」

という駅から徒歩3分デスネ(^^)


何でもやってみよう

車いす使用編(斜面移動編)①(2015.03.31)

検証スタート!
だめだ…

スロープメーカーさんの取扱説明書をはじめ、「角度は10度まで」という説明文を良く見ます。

「自走するなら、5度まで」、「電動車椅子でも15度だと厳しい」という説明文が一般的みたいだけど・・・

 

Q. 実際、何度くらいだったら大丈夫って言えるのかな?

①とりあえず、斜めの斜面で倒れなきゃ大丈夫かな・・・「よし、ウィリーしてみて、角度を測ってみよう!!!」

 

お!!!以外といけるぢゃん (^皿^) ぢゃ、ちょっと計ってみてよ (^^)b ・・・・・

 

車椅子が地面から、30度分、前輪が浮いてる状態だね φ(。。)メモメモ・・・う、ヤバイ・・・

 

おわぁ~☠・・・・・・・・

 

10代前のご先祖が、呼んでいたような気がしてたんだけど・・・気のせいか・・・


車いす使用編(斜面移動編)② (2015.03.31)

まだ平気
かなりヤバイ
ひっくり返るぅ~(xx)

実際、自走式で斜面を登るって、何度くらいだろう?

35cmの段差の家の玄関上がり框(かまち)に、165cmレンタルスロープをおくと、確か10度って言ってたような・・・

 

Q,何度までなら登れるんだろう?まず4度から順番に・・・

 

この写真って、角度の急さ加減が、全く伝わらない (T皿T)

 

最初は腕の力で進めてたけど・・・

 

上半身を前後に振らなきゃ、進めなくなってきて・・・

 

8度超えたら、普通に背シートにもたれてるだけで、後方転倒しそうに・・・

 

10度なんて、ヤバすぎて、進むどころか、後ろ向きに引きずられてる!?!?

 

こたえ:毎日自分で上るんだったら、傾斜角度6度までにして欲しいという実感(T▽T)

     8度でも、毎日だったら、イヤになって、外出したくなくなります。

 

     ちなみに、35cm段差に165cmスロープだと傾斜角度11.31度になります。

     絶対に、通行したくありません(TДT)


車いす使用編(番外編)(2015.03.31)

放り出される…
救助!

「登る」ってことは、「降りる」ってことなんだよね (-。-)y-゜゜゜

 

実は、10度をくだっている時に、方向がぶれて、車椅子が壁に激突 (TДT)

車椅子から、放り出されたなんて、恥ずかしくて言えません ㊙(ToT)/

 

で、懲りずに、12度をくだってみたら、無意識に出た「恐怖への叫び声」 ((((◎ロ◎)/ ギニャァア~

 

あわてて、ストッパーに駆け寄ってきた、10度で転倒の時には駆け寄ってきてくれなかった、やさしい「人でなし達」

 

角度は、「くだり」を基本に考えましょう!!!

 

・・・8度でも怖かったッス (;--)_旦~~~