九州の温かさ、そしてくまもん(復興支援車椅子メンテナンスボランティア in熊本)

お久しぶりです。うえです。暫くブログをさぼっていました…。

タイトルのとおり、先日熊本県へJASPAさん主催の車椅子メンテナンスボランティアに行って来ました。このメンテナンスボランティアは以前東北で実施していたものですが、東北へは一通り回ったので、今年度は直近に地震によって多大な被害があった熊本県にて実施する運びとなりました。

 

JASPECからは私とplannerの2名で行きました。ブログとしては既にplannerが2件書いていたので、私は違うネタを書こうかなと思ったのですが、「書いた内容が辛口だったので、甘口な方をよろしく!!」と言われたので、私も行った時の感想を甘口に書いていこうと思います!!笑

 

メンテナンスをした車椅子の感想はplannerとほぼ一緒ですね。やはりキャスタを取り外しての掃除は必須でした。そして、plannerの記事では、施設の感想として「車椅子を継続的に使用する際の危機感」の話をしていました。それも確かにと思うところはありますが、その件は一旦置いておいて…

 

私が今回お話するところは施設職員さんの温かみの部分です。私がこのボランティアに行くのは東北開催を含めて3回目なのですが、中には「邪魔だな」という感じで私達が作業しているのを見る職員さんがいらっしゃったところもありました。今回行った3件の施設さんは、受け入れ時もそうですが、作業中にもお茶やコーヒーを差し入れしていただき、帰る時には事務所にいる職員の皆さんが立って、「ありがとうございました」と感謝の言葉をいただきました。九州の人は温かみがあるという話を聞いたことがありますが、こういったところなんだなと改めて感じることができました。

 

また、今回初めて熊本にいった感想としては、何と言っても…

「くまもんがそこら中にいる!!」

各都道府県にゆるキャラはありますが、私の生息地である大阪のメインゆるキャラ「もずやん」を、大阪で生活していて、こんなに見たことがありません!!笑

とにかく、行く先々にくまもんがいました。今回行った施設でも飾られており、ある施設では一見「ここは無いんだな」と思っていましたが…手洗い場の備付ハンドソープにちゃっかりいました。笑

 

メンテナンスボランティアが終わり、お土産を選びましたが…はい、くまもんのお菓子を買ってしまいました。完全に刷り込み効果ですよ…笑。

お菓子の味は一切気にせず、可愛さだけで選んでしまいました。そして帰ってから熊本県出身のJASPEC職員のスマホケースを見ると…やはりくまもんでした。

くまもん恐るべし!!笑

JASPECのホームページもぜひご覧ください♪

こちらをクリック↓↓

日本福祉用具評価センター(JASPEC)