雨 時々 やむ

「明日の○○地域のお天気は『雨 時々 やむ』」

Statue Fig Bronze Rain Wet Woman Metal Umbrella

いつからこんな表現になっていたのでしょうか?

何気なく観ていたテレビの天気予報で、タイトルの表記&アナウンサーによる読み上げがされていました。

 

講師をしたり、それに伴うテキストを作成したり、執筆依頼の対応をしたり、規格原案作成を作成したり・・・言葉を使って文章を作成したり、発言することが多いという職業病でしょうか・・・とても気になる人種になってしまいました。

 

「雨 時々 曇り」この表現は、慣れ親しんだ表現です。

「雨 時々 やむ」(何回言うのだろう・・・)って、皆さんは違和感なく受け入れられているのでしょうか?

 

「晴れ」「曇り」「雨」「雪」これらは、名詞です。

「晴れる」「曇る」は動詞で、「雨」は本当は「雨降り」という名詞になるので、これが動詞になると「雨(が)降る」となります。「雪」も同じですね。

 

で、ここまで考えて気付いた、違和感の正体なのですが、「名詞」である天気の状態の呼称の中に、「やむ」というたった一人だけ「動詞」が混じっている!!!

 

天気の話だと、昔は「ミリバール」だった単位が「ヘクトパスカル」に変わったということがありますが、これは単位の変更の話なので、「やむ」の話とは意味合いが違います。

 

で、大阪管区気象台の天気相談所に尋ねたブログを見つけました。『端的に言いますと「雨時々止む」は「雨時々曇り」と同じです。ただ「曇り時々雨」との違いを付けるために予報では「雨時々曇り」は使わないことになっています』という返事だったそうです。

また、別のQ&Aでは、「晴れた状態から曇ってきた場合、『曇ってきたなぁ』とは言うけど、雨が降っている状態から雨がやんできて、晴れ間に向かっていても、『やんできたなぁ』とか『晴れてきたかな』とは言っても、『曇ってきたなぁ』とは言わないでしょ」という回答もありました。

 

共に、「納得できない」とごねるレベルには至らないけど、なんだかスッキリしない回答のような気がします。

 

「やむ」で問題無いというならば、「やむ=止む」の名詞って何と言うのさ?

英語の考え方ですが、止めるという「stop」ではなく、「止む」=途切れるという意味で「pause」、映像を一旦停止するボタンについていいる「ポーズ」にもあてはめることができるみたいです。

「絶え間なく=without a pause」と言うそうです。

 

動詞の「やむ」を、名詞にするなら「絶え間」

「雨 時々 絶え間」・・・ (~ へ ~;)

ヤッパリ何だか、スッキリしない。

 

基本ベースが曇っていて、時々雨が降る場合は、「曇り時々雨」

基本ベースが雨降りで、時々やんでいる場合は・・・・・

 

やっぱり「雨時々曇り」で、いいじゃんと思う私は、頑固者なのでしょうか?

JASPECのホームページもぜひご覧ください♪

こちらをクリック↓↓

日本福祉用具評価センター(JASPEC)