学術以外の知識

私の住んでいるところは海が近いので、休日は思いつきレベルで釣りに行くことがよくあります。

釣った魚は、毒魚でなければ、基本的には食べる主義ですから、釣ったら持って帰ってさばいて食べてます。釣りに行くから、魚をさばける様になったという言い方の方が正しいのかもしれません。

 

「ギンポ」という魚を知っていますか?

ニョロニョロ系の魚で、知る人ぞ知る、江戸前天ぷらの高級ネタだそうです。

形状がニョロニョロ系なので、ウナギをさばく時のように目打ちをして背開きをするという、通常の魚のさばき方ではない方法をしなければならないのですが、それも「やってみたら出来た」という技術習得方法でした。

意識していたわけではありませんが、テレビで放映されていた時に、興味を持って注意深く観ていたのでしょう。

 

「食べたい」という想いは、「好きこそものの上手なりける」という最も強いエッセンスではないでしょうか。

「食べたければ、自分で食べに行くor料理する」という人生を送ってきた私は、大概の料理であれば自分で作れるということも、やはり「強い想い」からの技術習得なのでしょう。

 

で、先日釣りに行った時、20cmを超えるギンポが釣れたので、持って帰ってさばこうとしました。同日につれた小さいスズキや小さいチヌは、自宅に持ち帰った時点で既にお亡くなりになられていましたが、ニョロニョロ系は生命力が強いと言いますが、お1人だけメチャ元気なのです。

ギンポさばきを職業としているわけでもないので、ぐったりとしてもらってから、背開きをしようと思い、ボウルに入れて放置したままで迎えた、翌日の朝。

 

まだまだ、元気いっぱいだぁ(T▽T)

 

今までどうしていたかというと、クーラーボックスの氷に包まれてお亡くなりになられていた状態でしかなかったので、活きたまま目打ちをするのは、何となく抵抗がある。

 

・・・酔わせよう(# ̄ー ̄# ニヤリ

ボウルに料理酒をドボドボとした瞬間、暴れまくるギンポ君 ヒィィィィィ(゚ロ゚;ノ)ノ

 

しかし、一分程で動かなくなり、即効でお亡くなりになられました。

その後、小麦粉で揚げて、甘ダレにからめて、美味しく戴きました。

中骨は、じっくり揚げて骨せんべいにして、こちらも美味しく戴きました。

 

「釣ったら食べる主義」だからこその経験なのでしょうが、先程も言ったように、毒魚はさばいてまで食べようとはしません。

わかりやすい例だと、フグも良く釣れるので、皮、内臓、血抜き等、しっかりすれば食べられるらしいのですが、そんなことはしません。

ナマズ系で白身の美味しいといわれる、ゴンズイも食べません。

 

ちなみに、ギンポが釣れた同じ日に、30cm近いゴンズイが釣れました。

夜の20時くらいだったので、暗くて何を釣上げたかがよく見えず、針を外すために魚をつかみそうになったのですが、フォルムが何となくナマズっぽいので、街灯の近くまで持っていったら、「ゴンズイじゃんΣ(i|!゚Д゚) ヒィィィィ」

 

過去の体験ですが、5cm程度のゴンズイが釣れた時に、針を外そうとして棘が指にささり、一週間ほど手がしびれたままだったことがあります。

その当時も、ゴンズイが毒魚である事は知っていましたが、その時初めて見たことと、5㎝という大きさに、ナメテいたら、とんでもなくエライ目にあったという経験です。

 

「食べたらメチャ美味しいギンポのさばき方を知らないと損(というか、もったいない)」、「ゴンズイの怖さを知らないと、とんでもなく痛い目を見る」

知識って、大事ですね。

JASPECのホームページもぜひご覧ください♪

こちらをクリック↓↓

日本福祉用具評価センター(JASPEC)