雨柱

まだまだ暑い日が続いています。

この間の連休に近所をふらふらしている時、海辺でなかなか珍しいものが見れました。

(ちなみにこの連休中に、特に足が予想以上に日焼けしてしまって(1度の火傷)、一時ベッドから立ち上がるのにも難儀しましたが、それはまた別の話)

 

その写真がこちら

おわかりいただけただろうか・・・。

雲の底が抜けて、落ちてきています。

これは、通称「雨柱」といわれるもので、見たら大体直感的に想像する通り、地表に連なっている柱の部分は、局地的なゲリラ豪雨が発生している地域です。しかも二本。

最近は、ちょくちょく日本のあちこちで見られているようですね。

自分は、生で見るのは初めてだったので、とりあえず写真に収めてみました。

この直下にいる人にはお気の毒ですが、遠目に見る分にはいいものですね。

 

もちろん、この日も傘はないまま、家にたどり着く前に雨に降られました。

JASPECのホームページもぜひご覧ください♪

こちらをクリック↓↓

日本福祉用具評価センター(JASPEC)