未だGREEN然れどGREEN

 

 

 

 

 

 

 

 

センター長です。

このブログのタイトル「未だGREEN然れどGREEN」について、どういう意味なの?と問い合わせいただきました。

 

「スタッフ紹介」の1回目として、このタイトルを付けた職員を紹介するとともに、タイトルの意味を語ってもらいました。

 

スタッフ紹介①

試験評価部 さくたろう

熊本県出身31歳独身

立命館大学法科大学院卒の変わり種です。

変わり種と言えば、実家は天台宗の寺院。本名は景理(けいすけ)というそれっぽい名前です。

社歴は短く、福祉用具については鋭意勉強中ですが、ISOやJIS規格の解釈・ネット環境など、それまでの経歴や培ってきた知識を仕事に発揮してもらっています。

 

ブログタイトルの意味

GREEN=緑色のイメージは、安全や保護といったイメージがあり、中立的なイメージを持っていると言われます。また、生命復活のきっかけとなり、発展の精神を示しています。

 

そういう緑色ですので、JASPECはロゴのイメージ色にしています。

 

ブログのタイトルにもこのイメージ色GREENを使いました。

 

他にもGREENのイメージには「未熟さ」「若さ」というものがあります。経験を積むことが出来ていないという点で、若さというのは未熟さがつきものです。

 

それに加えGREENには「元気」なイメージがあります。春が終わり夏に向けて森林が青々としてくるときとても強いエネルギーを感じませんか。

若いから、未熟だからといって必ずしも何かに劣っているわけではありません。
満ち溢れるエネルギーを原動力に、日々能力を高め突き進むのがGREENなのです。

 

JASPECは福祉用具専門の製品試験所として、開設してからまだやっと12年です。

そして、今は若手職員が試験評価や講習会開催、受託事業を中心となり推進しています。

 

まだ若く、認知度も低いJASPECですが、その若さを忘れず、つまり初心を忘れずに、冷静かつ中立的立場で、エネルギーいっぱい福祉用具の安全性と利用者の安心感のために諸事業を遂行していきたいという思いでつけたタイトルです。

JASPECのホームページもぜひご覧ください♪

こちらをクリック↓↓

日本福祉用具評価センター(JASPEC)