「マッサージ」と「整骨院」

2017年7月3日

寝違えたわけでもないのに、首が痛くて動かせないという経験はありますか?

私は、若いころに無茶をしたことと、視力が悪い状態でほぼ一日パソコン仕事になったころから、職業病?と言っていいのかわかりませんが、肩こりがひどくて、首も回らないという状況になってしまっています。

その日の状態にもよりますが、首は真横が向けないのは当たり前で、酷い時は上下も痛いときがあります。

 

職場の通勤途中に神戸の三宮も通ります。なんとなく入ったマッサージ屋さんが、どの人にほぐしてもらっても、めっちゃ効くという、とっても素晴らしいお店で、尚且つ1時間約3000円と、料金もリーズナブル。

週に一回ペースで通うようになり、スタンプカードもよく溜まるし、溜まると500円割引という特典付き。

 

ある日、右腕を上げると痛いという症状になり、痛みも「何となく」から「かなり痛くて上げられない」というレベルまで発展していくまでに、約半年。

マッサージでは、施術してもらった時には楽になるものの、根本的に治るわけでもないままに、「かなり痛い」状態までになってしまいました。

 

ある日、同僚が「肩こりで整骨院に行く」と言っていたので、施術された感想を根掘り葉掘り聞いてみると、かなり良さそうだったので、物は試しと同行してみました。

健康保険診療として約10分と保険診療費外で30分の追加施術のセットで、最初の3週間程は週に2回=全6回で、痛みは無くなり、腕も上がるようになりました。

 

消えなかった痛みが消えたことに感動した私は、ついでに「首」も整骨院で施術してもらうことにしました。

肩の時も同じでしたが、「首」の施術をしてもらうのに、肩より背中と腰、首より背中と脚に時間をかけて、施術されてました。

全体の筋膜を調整するからだそうで、通っているマッサージ屋さんでも、「首をお願いします。」と言っても、最初に背中の歪みから施術されます。ただ、かける時間は整骨院の方が割合が大きい気がするのですが、よくわかりません。

上手な人ほど、ピンポイントでの施術をしないので、どちらも上手なんだとは思うのですが、保険診療技術と民間療法技術との違いなのかどうかとか、違いの理由はわかりません。

 

「肩」の痛みがとれてからは、週1回ペースにしましたが、「首」は長年の積み重ねなので、施術してもらっても1週間くらいで、元の症状に戻る感じです。

でも、本当につらい日はマッサージ屋さんの方が即効性があるような気がして、今はメインは週1回の整骨院、サブに月2回のマッサージ屋さんというスタイルになっています。

 

自分が素人ながらに、人に整体の施術ができるとは言うものの、自分にはできないつらさ。

上手か下手か見極められる中で選定したマッサージ屋さんと整骨院。

納得のボディーケアをしている日々ですが、「お金をかけないと、健康体の維持ができなくなっていること」に、老化を感じる今日この頃です。

 

ちなみに、かなりの数のマッサージを受けてきた中から、選んだ今のマッサージ屋さんですが、なぜかそこのマッサージ師は全員ブラジル系の人しかいないというお店です。

マッサージはアジア系のボディーケアというイメージが強かったので、だから、どうという問題もないのですが、不思議な感覚です。

ついでに言うと、通っている整骨院は日本人オンリーですね。

 

何が言いたいかっていうと、「ちゃんと選定したら、それだけしか有り得ない」ってことではなく、「それぞれのナンバーワンをTPOに沿って使い分ける」っていう選択肢があるよねってことでした。

JASPEC PLANNER

 

JASPECのホームページもぜひご覧ください♪

こちらをクリック↓↓

日本福祉用具評価センター(JASPEC)