比較って大事

2019年5月24日

10連休は、結局パチンコ皆勤賞でしたが、ゴールデンウィークっぽいことも一応してみました。

 

福井県にある「新庄渓流の里」というところに、川魚つかみ取りをしにいってきました。

魚を選んで購入し、枠で遮られた川に放流し、つかみ取りをして、塩焼きにして食べるという仕組みです。

去年は同じところで釣堀もしているので、釣った分だけ塩焼きで食べるというバージョンをしたのですが、その時に「つかみ取り」があることを知ったので、一度やってみたいとは思っていたのです。

 

魚の種類は、イワナ・アマゴ・マスなのですが、残念ながらイワナがいなかったので、アマゴを10匹買って、つかみ取りしてきました。

水がとてもきれいだからなのか、環境的に気分が高揚しているからなのか、メチャ美味の塩焼きアマゴはあっという間にたいらげられ、さらに追加で食べたくなったので、もう一回つかみ取りをすることにしました。

せっかくなので、食べ比べをしようということになり、次はアマゴとマスを4匹ずつ計8匹。

食べ比べた結果、美味しいと思ったのはどちらだったと思います?

 

普段、アマゴを食べている人は少ないのではないでしょうか。私も、アマゴなんて食べることはありません。日常的に口にするのは、鮭です。スーパーでは、鮭も鱒も切り身で売っていますよね。

じつは、鮭と鱒では生物学的に、明確な違いは無いそうです。

だからなのか、食べると肉質がとても似ているのかもしれません。

 

で、どちらが美味しかったかというと、食べ慣れた食感だからなのか、マスの方が美味しく思いました。

食べ比べるまでは、アマゴの美味しさに感動すら感じていたんですけどね(笑)

 

真横に並べて比べてみて初めてわかるって、とても大事な体験だなぁと思いました。

 

ちなみに、ほっとデスク年間定例セミナーの6月は、様々な床ずれ防止用具をズラッと並べて、寝比べをしてもらいます。

真横に並べているからこそわかる比較体験ですが、展示会でもなかなかできない体験だと思いますので、是非体験しに来てくださいませ。

 

・・・という宣伝でした(笑)

JASPECのホームページもぜひご覧ください♪

こちらをクリック↓↓

日本福祉用具評価センター(JASPEC)