バリアフリー2019

今年も、西日本最大級の福祉用具展示会である、バリアフリー2019が4/18~20の三日間開催されます。

JASPECは、毎年「車いす安全整備士による来場者への車いす無料点検」のブースに参加しており、今年も例年通り参加します。

例年通りといえば、イベント広場で「誰でもできる簡単な車椅子整備」というミニセミナーも行います。

毎年同じ内容をしているにも関わらず、リピーターがいるという不思議なセミナーです。

2019年度のバリアフリーミニセミナーの時間帯は下記の通りです。

4/18(木)14:00~15:00の間の30分

4/19(金)13:30~14:30

4/20(土)13:30~14:30

毎年、お昼時にミニセミナーをしていたので、今年も見に来ていただける場合、時間帯が異なりますので、ご留意ください。

 

今年はさらに追加で、関西シルバーサービス協会からの要請で、2018年度に神戸医療産業都市推進機構の受託事業として、JASPEC&ひまわり&JQAが行った、「貸与品のメンテナンスにおける安全性評価システムの構築」というタイトルの発表を行います。

福祉用具のレンタル品が安全に出荷されていることを証明するために提示する要求事項を、評価項目として作成したという内容です。

 

福祉用具が製造時に安全でも、適切なメンテナンスがされていないことで起きている事故を減らすためには、社会的にシステムが必要ですという内容です。

そのために必要なメンテナンス(点検・整備・補修・検査)を適切に行うために必要な、評価項目(要求事項)を策定したわけです。

 

2018年度に、静岡県の病院が患者に貸していた歩行器が壊れて、患者が後遺症が残るケガを負い、訴訟問題になったことが新聞で発表されました。

病院は、病院の備品である福祉用具へのメンテナンスを行っていなかったことを認めたという内容でした。

この内容を考えると、介護保険の貸与だけではなく、病院や施設の備品である福祉用具に対しての安全性担保にも活用できる内容だと、改めて思いました。

 

JASPECは「安全な福祉用具が安心して使用できる社会実現のために」をスローガンにしているので、実はこんなこともしています。

バリアフリー展のリーフレットにも載っているので、是非チラッとでも寄ってみてもらえると嬉しいです。

https://www.tvoe.co.jp/bmk/pdf/2019/leaflet.pdf

3ページ目の第三会場(1号館) 4月19日(金) 11:00~12:00枠

JASPECのホームページもぜひご覧ください♪

こちらをクリック↓↓

日本福祉用具評価センター(JASPEC)