国際福祉機器展 HCR

2018年10月12日

わたしが、福祉用具業界に入って、福祉用具貸与事業所から福祉用具卸事業者を経て現在のJASPECまでの合計年数は、ふと気付くと約四半世紀という、おそろしい年数になっています。

そして、この業界にいる期間は、9割近くHCRに行っているという、交通費宿泊費を考えると、とんでもない費用になっていることに気付いてしまいました。

そんな費用のことはさておき、基本的には「見学者」であり、福祉用具を取り扱う側の人間として参加していたので、商品や営業さんにダメ出しをし、感心する側であることに違いはなかったわけです。

何度か、国際福祉機器展開催期間中にHCRの会場で講義をしたこともありますが、基本的には「見学者」だったのです。

 

で、今年はというと、「神戸市の医療産業都市部誘致課」からお声がかかり、神戸市の誘致された企業の中から6社が集まり、神戸医療産業都市ブースという共同出展の形で、JASPECも出展することになりました。

出展するという形である以上、その場所に常時いなければならないという問題点があり、1人だと見学&カタログ集めができないので、ウチのボスと二人で交代しながらその場所で、説明や販促をすることになりました。

 

東6ホール 小間番号6-17-02、ブース名「神戸医療産業都市」です。お手隙なら、冷やかしで結構なので、お越しくださいませ。

JASPECのホームページもぜひご覧ください♪

こちらをクリック↓↓

日本福祉用具評価センター(JASPEC)