車いす安全整備士養成講座準備

2018年1月9日

昨年末、日本福祉用具評価センターがメインで運営しております、車いす安全整備士養成講座が行われました。

 

日本全国(海外でもいいですが)に車椅子を安全に整備できる人を多く増やすために開催している講座です。

 

今回はこれまであまり公表されず、多くの人がなかなか知ることのできない画像を公開します。

 

それは

 

 

 

車いす安全整備士養成講座の

 

 

 

 

準備中の写真です!!!

 

 

 

多くの人からぜひ知りたいという声がありそうな気はしませんが、

せっかく撮影したので掲載します。

 

 

まず1枚目

 

それから2枚目

車いす安全整備士養成講座は、このようにして準備されているのです。

 

解説しますと、2人で移動するときには横に並びます。

 

歩行スピードはほぼ同じです。

 

たまにダッシュします。時間がなくなってくると2人一緒に走り出します。

 

先日は余裕をもって、二人で会話しながら歩いているのを目撃しました。

 

晴れや曇り、または雪の日のみこのスタイルですが、雨の時は車椅子や荷物がぬれすぎるといけないので、車で運びます。

 

 

今回は寒空のした、仲良くわきあいあいと準備をしております。

 

この風景をいったりきたり10往復くらい?もっと?繰り返しながら車椅子を30台ぐらい運びます。

 

このような準備段階があって、整備士講座の開催を迎えるわけです。

 

 

時々嵐の中で運んだりしているんですが、整備士養成講座の日には、その大変な姿を少しも見せずに元気よく動き回っております。

 

遠くからお越しくださる受講生や講師の方が少しでも楽しく、元気よく笑顔で整備士講座に参加していただきたいという、思いのみで活動しております。

 

ぜひ皆様のお越しをお待ちしております☆

 

■車いす安全整備士養成講座に参加するメリット■

車いす安全整備士養成講座に参加するメリットで、一つ特徴的なことがあります。

 

それはこの養成講座への参加者には福祉業界の中でもいろいろな職業の方と縁を持てたり、話ができたりするということです。

 

車椅子のレンタル事業所に勤めている方、介護施設で働かれている方、車椅子販売メーカーの方など多くの方に来ていただいております。

 

様々な経験、スキルを持った方と話ができる機会ですので、まだ参加したことのない方はぜひ参加してもらえたら嬉しいです♪

 

ただしテストは簡単ではないですよ。

 

いじょ。

 

さくたろう

JASPECのホームページもぜひご覧ください♪

こちらをクリック↓↓

日本福祉用具評価センター(JASPEC)